僕は「会社や上司に頭を下げて謙虚に生きていく人が偉い」と思い込んでいました。

しかし、考え方を改めました。

権力者に頭を下げれば生きていけるほど、今後の世の中は、甘くない!と危機感が強くなったからです。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

会社/上司に媚びれば生きていけるほど、甘い社会では、なくなっているよ


僕の仕事転職ノート
僕の仕事/転職ノートには、こう書かれています。

この記事を書いた僕のプロフィールはコチラ→30代で【うつ病→失業→その後】なんとか生きてる【僕のノート】プロフィール

追記!過労死により会社に骨を埋めるところでした

うつ病

僕は30代にして、仕事のストレスが原因で、うつ病になり失業してしまいました。

職場の人間関係のストレスに加えて、連鎖退職による激務化も重なり、本気で過労死すら頭をよぎる状態の中、心療内科を受診すると「このままでは自殺の危険性もある。うつ病」と診断されました。

連鎖退職で辞められない地獄【僕の経験談】まともな人から辞めていく!その後

【実話】仕事でうつ病になって退職するまでの流れ!僕の実体験とその後

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

過労死によって、会社に骨を埋めるところだったよ


読者読者

笑えない冗談ね


会社や上司に媚びても、会社がブラック企業化して、過労死してしまったら、何の意味もありません。

過労死しそう【僕が激務でうつ病になって会社を辞めた方法】プライド捨てろ

会社や上司は「骨を埋める覚悟で、うちの会社で働け」と言ってきますが、それは会社や上司にメリットがあることで、一般社員にはメリットはなく、より良い転職先があれば、そちらに転職する方が合理的。

むしろ、うつ病事件によって「会社や上司に媚びないと生きていけないのは危険」と痛感しました。

うつ病で失業した後、会社は、何の面倒も見てくれないし、1円も給与は入ってこなくなりました。

どれだけ会社に尽くして働いても、辞めたら、それで終わりで、何の補償もないなのです。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

サバイバル時代は、もう始まっているよ


読者読者

終身雇用も年功序列賃金も崩壊ね

おかしい要求は断れないとヤバい時代がグローバル社会

ブラック企業で転職を悩む男性
日本の会社は・・勤め先の会社は、おかしい要求をしてくることがありますよね。

読者読者

給料額を考えると、割に合わない仕事を、させられることも多いわね


僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

意味不明でデメリットだらけな転勤命令なども、そうだよね


終身雇用時代では、それでも「わかりました」と、会社からの{おかしい要求}を受け入れる戦略が、会社員として合理的でした。

会社からの理不尽な要求も、受け入れることで、定年までの雇用と、年功序列賃金が約束されていたからです。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

だから「理不尽にも耐える人が偉い」という会社員の成功法則が確立されたよ


読者読者

上司から部下へと、未だに、その時代遅れの成功法則が、飲み会の席で伝えられているわね


「1社で長く働く」は正義か?勤続4年目から成長止まるよ!終身雇用も嘘

グローバル社会はサバイバルな社会

シンガポール
しかし、時代はグローバル社会になっています。

日本だけの特殊な雇用形態である「終身雇用制度」と「年功序列賃金」は崩壊しています。

グローバル社会/転職当たり前時代の僕の生き方【人間関係のコツは原理原則】

向こう30年も40年も「雇用を確実に保証します。高い給与を保証します」と言える会社は、1社もありません。

5年後すら「どうなっているか、わからない」が会社経営者、及び、投資家達の本音です。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

おかしくない?今後30年の雇用保障はないのに「この会社で骨を埋めるつもりで働け」って話


読者読者

きちがい上司や先輩に媚びをうっていたら、こちらの人生が、台無しになってしまうわね


定年までの雇用が保証されていないサバイバルな時代に、既に突入しています。

会社に骨を埋めるつもりで働け!は詐欺

通勤ラッシュ中の会社員
飲み会の席で、会社の上司や先輩から「覚悟を決めて、この会社で骨を埋めるつもりで働け」と言われる機会は多いですよね。

そう言われることは「一緒に働いてもいい」と思って下さっている意味で、光栄であり恐縮ですよね。

と同時に「でも向こう30年も雇用の保証はできないよね」と疑問に思いますよね。

「この会社で骨を埋める覚悟で働け」と言われた場合は「では、今後30年間の長期の雇用契約書を作って下さい」と言わないと割に合いませんよね。

30年以内に会社が倒産しても、その後の賃金保証がなされる30年契約であれば、骨を埋める覚悟で、勤め先の会社のために奉仕しても、win-winの関係になりますが・・

雇用保障の契約はしないくせに「この会社で骨を埋める覚悟で働け」って、ちゃんちゃら、おかしい話であり、会社側にしかメリットはなく、労働者側にはメリットがありませんよね。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

結婚しないくせに、男側から「俺に対して、一生、奉仕しろ」と言われたらどう?


読者読者

は?このキチガイ、何をいっているの?ヤバい人だから、関わりまい!と思うわね


僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

「骨を埋める覚悟で働け」って話と、同じだよね

上司や会社に媚をうる時間がもったいない

上司から怒られる男性
上司や会社に媚を売れば、定年まで賃金が保証されるなら「上司や会社に媚を売る」が合理的です。

しかし、上司も会社も守ってくれません。

会社の業績が悪化すると会社は、会社自身を守りますし、上司も自分の身を守ります

人員が削減され犠牲になるのは部下です。

人員が削減されたら、仕事量も増えて、ブラック企業化します。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

上司や会社に媚をうる時間がもったいないよ


読者読者

転職先がある価値ある人材になる方が合理的ね

会社は守ってくれない!自分の身は自分で守る時代の生き方


サバイバルな時代では、自分の身は自分で守る必要があるので、20代30代の男女が今すべきことは、転職先がある価値ある人材になる努力をすることです。

会社に頼り依存して、10年後、15年後にリストラや、ブラック企業化により退職しても「可哀想ですね。でも自己責任ですよ」と言われるサバイバルな時代です。

会社に尽くす時間があれば、価値ある人材になる努力をしたり、副業や投資を始める方が合理的ですし・・

転職できる/稼げる【希少な価値ある人材】になる方法3つ!僕の実体験です

逆を言えば、会社に尽くして、上司に媚をうっていれば生きていける程、甘い時代ではなくなっている!とも言えます。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

会社や上司に媚びるより、自分で収入源を作る方が合理的だよ


読者読者

ネット副業にしろ、投資にしろ、個人でも稼げる時代ですものね


副業の始め方!月収80万円を10年の僕が稼げる副業アイデア3選を公開

サバイバル時代に必須なのは資産運用

モルディブ
僕は、サバイバル時代を見越して、20代前半の頃から、副業や投資に取り組んできました。

楽な道ではありませんでしたが「やってきて良かった」と今は思っています。

今は、社会の風潮として、追い風が吹いているので、副業や投資をやりやすいメリットもあります。

僕の仕事/転職ノート僕の仕事/転職ノート

サバイバル時代を生き抜くには資産運用が重要だよ


金貨の投資
毎月、資産運用から自動的に収入が入り続けるなら、サバイバルな時代も、生き抜いていきやすくなりますよね。

骨を埋める覚悟で仕事しても、会社自体が定年までもたない給与があてにならない時代、僕は資産運用を最重要視しています。

資産運用は経験値が重要となるので、早めに着手し、経験値を貯めていくのが合理的です。

おすすめの投資先含め資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。

「初心者向け」少額で始める資産運用の方法【おすすめ運用先】稼げるよ

トライオートFX

まだ、ソーシャルレンディングと、システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために1度、確認してみるのがおすすめです。

ソーシャルレンディングとは?高利回りの仕組みやリスク【おすすめ会社も】

株/FXシストレとは?始め方【おすすめ会社や目安資金額】初めての初心者入門

なお、運用資金作りでは収入アップが重要であり・・

収入を増やすには、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

毎月5~10万円を稼ぐ僕の方法【副業/投資】編!随時更新

資産運用の始め方!最初はソーシャルレンディングがおすすめな理由

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も

【既卒/第2新卒】就職エージェント比較ランキング!おすすめは?

なお、最新の【株/FXの取引】を、僕の資産運用ノートや、ツイッターで公開中です!

ツイッター内で「僕のノート」で検索すると出てきます。

ブログでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。

ユーチューブでも、やっています!

ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。


スポンサードリンク


よく読まれている記事

【人気】 はじめに【僕の仕事/転職ノート】のブログの説明です!

【人気】 転職できる/稼げる【希少な価値ある人材】になる方法3つ!僕の実体験です

僕の仕事転職ノート

【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。